公益法人大平正芳記念財団
公益法人大平正芳記念財団 当財団の紹介 本年度の贈呈式及び各賞の概要 大平正芳記念賞の歩み
研究助成費の歩み 財団の定期刊行物 大平正芳の著書・研究所 大平正芳記念館

 平成23年6月10日(金)、財団合同役員会の後、正午から約350人の出席のもと 「第26回大平正芳記念賞」「第24回環太平洋学術研究助成費」の贈呈式が、東京・丸の内の日本工業倶楽部会館3階大ホール・中ホールで開かれました。

受賞者の皆さんと大平裕理事長(前列中央)

ライシャワー東アジア研究所所長・ケント・E・カルダー氏 の挨拶と乾杯



[大平正芳記念賞]
正賞……楯  副賞……100万円 (特別賞・・・50万円)
選 定 基 準
(1)授賞対象は、「環太平洋連帯構想」の発展に貢献する政治・経済・文化・科学技術 に関する優れた著書・共著・編著としますが、環太平洋地域についての地域研究も含むものとします。
(2)授賞対象は、個人の著書に最優先順位を置き、ついで、共著、編著の順とします。
(3)授賞対象は、原則として受賞時から数えて2年以内に刊行されたものとします。
(4)授賞対象は、原則として他の賞を受賞していないものとします。
(5)特別賞は文献的、百科事典的、啓蒙的著作などの環太平洋構想の普及に貢献した作品に与えるものとします。
(6)授賞対象は5~6点とし、その半数は外国人の著作であることを望みます。
(7)受賞者は、原則として50歳未満とします。
募集等について
当財団が、依頼する機関及び推薦者の推薦を原則とする募集先限定ですが、第三者の推薦も可とします。 なお、自由応募の場合には、著書を当財団宛てに送付のこと。 募集時期は毎年8月初めから、10月末までとし、当財団の選考委員会が3月頃に決定し、 受賞者に通知します。落選者には通知せず、応募著書も返却しません。



[環太平洋学術研究助成費]
共同研究……500万円以内  個人研究……200万円以内
選 定 基 準
(1)助成対象は「環太平洋連帯構想」を発展させるのに相応しい政治・経済・文化・科学技術 に関する共同研究および個人研究としますが、環太平洋地域についての地域研究も含むものとします。
(2)助成対象研究は、長くても2年間で完結するものとし、研究終了に当たっては、 研究成果を何らかの形で財団に報告するものとします。
(3)助成対象は共同研究1~2点、個人研究3~4点とし、その半数は外国人の研究であることを 望みます。
(4)受賞者は、原則として50歳未満とします。
募集等について
 当財団関係者の推薦を原則としますが、自由応募も可とします。募集時期は毎年8月初めから10月末 までとし、当財団の選考委員会が3月頃に決定し、受賞者に通知します。落選者には通知せず、応募書類も 返却しません。 なお、応募希望者は当財団宛てに連絡すれば、折り返し「研究助成出願書」を郵送いたします。

 



第26回大平正芳記念賞受賞作及び受賞者名

<正賞・・・楯 副賞・・・100万円(特別賞50万円)>

『太平洋島嶼国の憲法と政治文化
     ―フィジー1997年憲法とパシフィック・ウェイ』

(成文道 2010年)

東 裕(ひがし・ゆたか)

(苫小牧駒澤大学国際文化学部教授)

略歴
1954年和歌山県生まれ。1978年早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。1980年早稲田大学大学院政治学研究科博士前期課程修了(政治学修士)。1988年早稲田大学大学院政治学研究科博士後期課程満期退学。その後、近畿大学、明治学院大学、群馬大学等の非常勤講師を経て、1994年社団法人日本ミクロネシア協会オセアニア研究所(現、太平洋諸島地域研究所)研究員(1996年より主任研究員)。1999年苫小牧駒澤大学国際文化学部助教授。2001年より苫小牧駒澤大学国際文化学部教授。

 


『<民主政治>の自由と秩序
       ―マレーシア政治体制論の再構築』
(京都大学学術出版会 2010)

鈴木 絢女(すずき・あやめ)
(福岡女子大学講師)

略歴
1977年横浜市生まれ。2000年慶應義塾大学法学部卒業。2008年東京大学大学院総合文化研究科より博士(学術)取得。日本学術振興会特別研究員、マレーシア国立マラヤ大学ポスドク研究員などを経て、2011年より福岡女子大学講師。政治体制論、マレーシア政治、日本―マレーシア関係のほか、東アジアの政治経済、特に民主制における財政運営について研究している。

 



『スハルト体制のインドネシア
      ―個人支配の変容と一九九八年政変』

(東京大学出版会 2010年)

増原 綾子(ますはら・あやこ)
(亜細亜大学国際関係学部専任講師)

略歴
1994年3月東京大学教養学部教養学科国際関係論専攻卒業。1996年3月東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻、修士課程修了(修士号取得)。1996年4月東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻、博士課程進学。2000年6月~2002年10月インドネシア大学日本研究センター、客員研究員。2007年10月東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻修了(博士号取得、学術博士)。2009年4月亜細亜大学国際関係学部専任講師。


『盗賊のインド史
―帝国・国家・無法者(アウトロー)』

(有志舎 2010年)

竹中 千春(たけなか・ちはる)
(立教大学法学部教授)

略歴
立教大学法学部教授(アジア政治論)。国際政治・南アジア研究・ジェンダー研究。東京大学法学部卒業、明治学院大学教授を経て2008年より現職。『世界はなぜ仲良くできないの?暴力の連鎖を解くために』(阪急コミュニケーションズ、2004年)、共編『講座現代アジア研究第2巻  市民社会』(アジア政経学会監修、慶應義塾大学出版会、2008年)、翻訳にR・グハ他『サバルタンの歴史―インド史の脱構築』(岩波書店、1998年)。日本国際政治学会、日本比較政治学会、アジア政経学会、南アジア学会、日本平和学会理事。

特別賞
『The US-Japan Alliance
―Balancing soft and hard power in East Asia』

(Routledge 2010年)

David Arase(デビッド・アラセ)
(ポモナ大学政治学部教授)


略歴
Ph.D. 政治学 (1989) カリフォニア大学政治学部博士課程卒業。Master of Arts 国際関係 (1982) ジョンズホプキンズ大学高等国際問題研究大学院(Paul H. Nitze School of Advanced International Studies(SAIS))修士プログラム卒業。
Bachelor of Arts (1977) コーネル大学。
ポモナ大学政治学部教授 (1989-現在)。南京大学─※翰斯・霍普金斯大学中美文化研究中心派遣教授 (2011-2012)
筑波大学外国人教師 (1997-1998)。ロンドン大学 School of Oriental and African Studies政治学部講師 (1994-1995) 
Tsuneo Akaha(ツネオ・アカハ)
(モントレー国際大学国際政策学教授兼東アジア研究センター所長)


略歴
1949年茅野市生まれ。オレゴン州立大学卒(政治学)、早稲田大学(政治学)卒。南カリフォルニア大学より国際関係論修士号、博士号取得。フルブライト研究フェロー、国際交流基金プロフェッショナル・フェロー。最近の著書に「東アジアにおける国境を越えるヒトの移動─人間の安全保障の視点から」『越える─境界なき政治の予兆』(押村高編、風行社、2010年)、「現代日本のナショナリストの再構築における"中国"」『分裂の再検討─日中関係におけるアイデンティティ、記憶、ナショナリズム』(ゲリット・ゴン、ヴィクター・テオ共編、ケンブリッジ学術出版、2010年)がある。現在、カリフォルニア州モントレー国際大学国際政策学教授兼東アジア研究センター所長。
 

『歴史の桎梏を越えて―20世紀日中関係への新視点』
(千倉書房 2010年)

小林 道彦(こばやし・みちひこ)
(北九州市立大学基盤教育センター教授)


略歴
北九州市立大学基盤教育センター教授(2007年~)。1956年埼玉県生まれ。1979年中央大学文学部史学科卒業。1982年中央大学修士。1992年、北九州市立大学法学部専任講師。1998年教授。1999年京都大学博士(法学)。
著書『政党内閣の崩壊と満州事変』で、2009年度吉田茂賞受賞。
中西 寛(なかにし・ひろし)
(京都大学大学院法学研究科教授)


略歴
1985年京都大学法学部卒業。1987年京都大学大学院法学研究科修士課程修了。1988年~90年シカゴ大学歴史学部博士課程在籍。1991年京都大学法学部助教授。1994年~95年文部省在外研究員(イギリス、オーストラリア)。2002年から京都大学大学院法学研究科教授。(2006年~09年京都大学公共政策大学院教授に在籍)
 




第24回環太平洋学術研究助成費
受賞研究テーマおよび受賞者名
 

<個人研究(各100万円)(  )は助成金額>

「大正期における日中の思想連鎖―「連邦制」を手がかりに」

朱 琳(しゅ・りん)
(東京大学大学院総合文化研究科学術研究員)


略歴
中国江蘇省出身。南京大学日本語科、北京外国語大学北京日本学研究センター修士課程を経て、2005年に来日。2010年3月、東京大学大学院法学政治学研究科博士課程修了、博士(法学)。同年4月より、東京大学学術研究員。専攻はアジア政治思想史。論文に「二つの中国認識―吉野作造と内藤湖南」(『吉野作造研究』第7号、2010年11月。第2回「吉野作造研究賞」優秀賞受賞)、「中国史像と政治構想―内藤湖南の場合」(一)~(五)(『国家学会雑誌』123巻9・10号~124巻5・6号、2010年10月~2011年6月)など。


2004年2005年2006年2007年2008年2009年2010年2012年
2013年2014年2015年2016年2017年2018年