大平正芳記念財団
公益法人大平正芳記念財団 当財団の紹介 本年度の贈呈式及び各賞の概要 大平正芳記念賞の歩み
研究助成費の歩み 財団の定期刊行物 大平正芳の著書・研究所 大平正芳記念館
目的・事業概要
定款
評議員・役員名簿
役員の報酬規定
公開・公示
運営・選定委員会
寄付について

寄付について

【寄付のお願いと御礼】
 お蔭をもちまして、大平正芳記念財団は、平成24年3月21日に内閣総理大臣より正式に公益財団法人として認定を受け、4月1日に移行登記を完了し、平成24年度より、事業の公益性に一層留意しつつ、新たなスタートを切っております。
 公益財団法人として認定を受けたことによりまして、当財団への寄付金には、特定公益増進法人への寄付金として税法上の優遇措置が適用され、所得税(個人)、法人税(法人)の控除が受けられることとなりました。
 当財団は、故大平正芳総理の偉業を記念するとともに、日本外交の必要な一環を形成する環太平洋連帯構想に関する学術研究等の奨励援助を行い、もって同構想の推進と思想の普及に寄与することを目的として、7つの公益事業を実施しております。
 この事業に必要な資金は基本財産の運用による配当金収入とご後援者による寄付金を充てておりますが、今後これらの活動を維持充実させるためには、是非とも多くの方々からのご協力を仰がねばなりません。
 当財団の事業活動にご理解とご賛同をいただき、是非ご寄付をお寄せいただくようお願い申し上げます。 皆様からいただく寄付金は、とくに、下記の当財団の中核事業である環太平洋学術研究奨励事業へ有効に使用させていただきます。
 (1)大平正芳記念賞授賞事業
 (2)環太平洋学術研究助成費授賞事業
 (3)鈴木三樹之助記念 岩手大学大学院奨学金支給事業

【 税制上の優遇が受けられます 】

 当財団は、内閣総理大臣より「公益財団法人」としての認定(認定日は平成24年3月21日、法人登記日は同年4月1日)を受けておりますので、当財団への寄付金には、特定公益増進法人への寄付金として税法上の優遇措置が適用され、所得税(個人)、法人税(法人)の控除が受けられます。

■個人の場合
 個人が寄付した場合は、確定申告を行うことで、1.寄付金控除(所得控除)の適用を受けるか、2.寄付金特別控除(税額控除)の適用を受けるか、何れか有利な方を選べます。
1.所得控除
寄付金額から2千円を差し引いた金額が年間所得総額から控除されます(寄付金額は所得の40%が限度)。
 計算式:(寄付金額−2千円)×所得税率=控除額
 事 例:課税所得金額500万円の方(所得税率20%)が5万円を寄付し
     た場合
  (50,000円−2,000円)×20%=9,600円、所得税が少なくなります。

(単位:円)
寄付金額
課税所得金額
5,000
10,000
50,000
100,000
3,000,000
300
800
4,800
9,800
5,000,000
600
1,600
9,600
19,600
8,000,000
690
1,840
11,040
22,540
10,000,000
990
2,640
15,840
32,340
2.税額控除
 寄付金額から次の算式により算出された額が、所得税から控除されます。なお、寄付金額は所得の40%が限度となり、控除金額は所得税額の25%が限度となります。
 計算式:(寄付金額−2千円)×40%=控除額
 事 例:課税所得金額500万円の方(所得税率20%)が5万円を寄付した場合
  (50,000円−2,000円)×40%=19,200円、所得税が少なくなります。
(単位:円)
寄付金額
5,000
10,000
50,000
100,000
税額控除額
1,200
3,200
19,200
39,200

■法人の場合
 一般寄付金の損金算入限度額と別枠の損金算入限度額が損金算入として認められます。
<事 例>
資本金が1億円、年中の所得金額が 2,000万円の場合
(A)一般損金算入限度額
={(100,000,000円×2.5/1000)+(20,000,000円×2.5/100)}×0.25=187,500 円

(B)別枠の損金算入限度額
=(100,000,000円×3.75/1000 + 20,000,000円×6.25/100)×0.5=812,500 円
したがって、合計金額、(A)(B)の合計金額((A)+(B)=1,000,000円)の損金算入が認められます。

※上記個人・法人諸事例はあくまで参考試算です。他にも寄付をしている場合、その他個々の状況により異なります。詳しくはお近くの税務署におたずねください。
【 申告の方法 】
 対象となる金額を記載し、確定申告書に当財団の発行する領収書(寄付金受領証明書)を添付する必要があります。申告に際しての詳細については、お近くの税務署にお問い合わせください。
【 寄付のお申し込み 】
 寄附をお申し込みされる方法は2通りあります。

(1)銀行振込の場合
 「寄附申込書」に必要事項をご記入の上、本財団事務局まで、郵送もしくはファックスでお送りいただきますとともに、下記口座宛にお振込お手配のほどお願いいたします。
 「寄附申込書」のご請求は、本財団事務局にお問い合わせされるか、ホームページからも入手できます。
 「寄附申込書」のダウンロード(申込書はプリントしてお使いください)
 [寄附のお振込み口座]
  百十四銀行 東京支店  普通預金No. 0144625
  みずほ銀行 市ヶ谷支店 普通預金No. 2363690
   口座名義: ザイ)オオヒラマサヨシキネンザイダン ダイヒョウリジ オオヒラトモノリ
 なお、恐れ入りますが、振込手数料はご負担ください。

(2)郵便局で、「払込取扱票」を使用する場合
 イ)払込取扱票(赤)本財団事務局から、「払込取扱票」(赤)を取り寄せて、郵便局でお振込お願いします。この場合は、振込手数料はかかりません。
 ロ)払込取扱票(青)
  郵便局にある「払込取扱票」(青)で、お振込みお願いいたします。
  口座番号は 「0-0100−3−514243」
  口座名は  「公益財団法人 大平正芳記念財団」
 なお、恐れ入りますが、振込手数料はご負担ください。

※寄付は、一回につき、一口1,000円以上とさせていただきます。

<受領証明書の郵送>
 寄附金が入金されたことを確認した後、「寄附金受領証明書」を郵送いたします。
本寄附は上記の通り、寄附金控除の対象となりますので、「寄附金受領証明書」は大切に保管しておいてください。

【 寄付についてのお問合せ先 】
公益財団法人大平正芳記念財団 事務局
住 所:102-0082 東京都千代田区一番町22-4 一番町館1階
電 話:03-3230-2213 FAX 03-3230-2214
E-mail:foundation@ohira.org

「寄付金申込書」(左記をクリックし、プリントしてお使いください)
寄付金税制の概要(個人の場合)

〔国税〕所 得 控 除
■控除対象寄附金
(1) 国又は地方公共団体に対する寄付金
(2) 指定寄付金
(3) 特定公益増進法人に対する寄付金
(4) 認定NPO法人に対する寄付金
控除額 寄付金額 − 2,000円
※対象となる寄付金額の上限は、総所得金額の40%相当額

■添付書類
・寄付金の受領書(寄付金を受領した旨、その寄付金がその法人の主たる目的である業務に関連する寄付金である旨、寄付金の額、受領年月日)

〔地方税〕所 得 控 除
■対象法人
(1) 都道府県・市区町村に対する寄付金(ふるさと寄付金)
(2) 住所地の都道府県共同募金会・日本赤十字社支部に対する寄付金
(3) 都道府県・市区町村が条例で指定する寄付金
※ お住まいの都道府県・市町村の条例をご確認下さい。
当財団は東京都条例において控除対象とされておりますので、都民の方は都民税の控除(4%)の適用を受けることができます。
控 除 額
(税額控除) (寄付金(※1)−2 千円)×10%(※2)
※1 対象となる寄付金の上限:総所得金額等の30%
※2「都道府県・市区町村が条例で指定する寄付金」の場合は、次の率により算出。
・都道府県が指定した寄付金は4%
・市区町村が指定した寄付金は6%
(都道府県と市区町村双方が指定した寄付金の場合は10%)

■手続き等
 所得税の確定申告を行う方は住民税の申告は不要ですので、特段の手続きは必要ありませんが、所得税の確定申告書を作成する際に、住民税の寄付金控除の適用に関する所定の事項を記載して下さい。